ファッションショーのコンセプト

ここ数年回った西アフリカで

大地と太陽の輝きと黒い肌に

オリジナルの布を巻いたあの美しい

女性達の姿がやはりあまり観られず

(内陸国や田舎には未だ未だ夫々の

部族が作っているオリジナルの

デザインが残っている所もあるが)

海に面した国や急激に発展した

場所では目まぐるしく変化し

彼等は一体どこへいくのか?

と思う程世界中均一化され

日本と同様にウエスタンスタイルを

取り入れているようだ。

が、実につまらない世界にどんどん

変わってしまう危機感を

覚えずにはいられなかった。

世界中、英語とフランス語を話し、

Tシャツとジーパンを履き

パンとコーヒーを飲み(私もそうだけど)

髪を金髪に染め、光り物を着た

キラキラした世界は

彼等のオリジナルな独自の

伝統的な美しさが失われ残念でならない。

それは日本に来た外国人同様に

着物の美しさに憧れても、もう

着てる人がいないと思うのと

全く変わりない。

私も最近は、色々な部族が作っていた

オリジナルの古き良きデザインを

探し歩く旅となってきている。

お互いのオリジナルティーは

夫々に魅力的でそれをリスペクトし、

互いに分け合って暮らしていた

システムがどんどん破壊されて

いくのは、とても残念でならない。

夫々の部族がそこで取れる天然素材を

分かち合い手から手へと受け継いで

きた伝統の良さを使い永く愛用

出来る着心地の良い服を作る為、

今回セネガルへ行き永年活躍してきた

古き良き時代を知るグランな

 テーラー達に会いに行き

アドバイスを頂きお手伝い

頂いけた事は私にとってとても重要

で満足のいく事であった。

コンセプトは上手く言えないけど、

「失われていく古き良き伝統を

取り入れ現代に生かす事こそ

新鮮で魅力的でユニーク💙」

 







コメントを残す