『アフリカ屋25年の経緯』

80年代の終わりN.Y.で、先の見えない

母子家庭の生活に生き詰まりを感じていた頃

引っ越したハーレム

西アフリカの方々が販売していた

アフリカンプリントに遭遇

観た事もないその布に衝撃を受け

沢山の元気と希望をもらった!

そのユニークさと大胆な色彩は私にとって

とても魅力的でそれ以来イエローキャブも

止まらない治安の悪いハーレムがオアシスと化した。

『日本でアフリカンプリントを紹介する!!』

しかし、

東京に戻ってみると。。。

えっ?何?アフリカ?。。。

周りの反応は。。。??汗)

『そんな突拍子もない夢は直に飽きる!?』

当時の日本は未だ未だ

アフリカは未知の世界であった。

 

それから数年後

 

 思いがけない出会いから、

 私の夢は一気に現実となった。

 

当時何それ?と言われていた

【PagneもDjembe】も

市民権を得た。

この四半世紀にアフリカの良さは

少しずつ日本にも浸透していった。

アフリカと日本は遠くても共通点がいっぱいなのだ!

私がアフリカンビジネスで財を成したか?

は、二の次として。。。

西&中央アフリカの各地には、

どんなユニークな布があるのか?

観たい!知りたい!と思う好奇心に情熱を注いで

生きてこれた事は感謝しかない。

周りの方々の協力と応援がなくては語れない。

そして、

ノスタルジックで大らかなアフリカの人々への

魅力が尽きなかった事は大きい。

時が経った今でもアフリカにもっと深く

関わりたいと思う自分がいるなんて

本当に不思議な事

皆さんに感謝の気持ちを込めて

今まで起こったユ二ークでビックリな

エピソードをまとめています。

アフリカ屋25年の経緯

               Business Story

11月30日(金曜日)

京都アカデミアフォーラムin丸の内

(新丸ビル10階)で

ウスビ•サコさん

異なった視点からユニークに

対談させて頂きたいと思ってます!

良かったら聞きに来て下さい。

お申し込みは↓

https://seika-africa2018-vol05.peatix.com/

こちらに↑

どうぞ宜しくお願い致します。m(_   _)m

 

 







コメントを残す