『アフリカ屋』が出来るまで

 お久しぶりです!HomepageとBlogを引っ越ししました。

アフリカで沢山撮って来た写真も少しずつUPするので見て下さい!

先ずはご存知の無い方に自己紹介から。。。

私、アフリカ屋の店主(佐和子)は、

昭和37年の終わり祖父の経営する下駄屋『あつみ屋』

(現:アフリカ屋)内で産声をあげた。

AB型で射手座、思い立ったら吉日、信じるのは内なる声のみ。

小さな頃から人と同じは苦手であった。

家は何故か?人の出入りが多く留学生が交代でスティしていた。

現在と何ら変わらない。

私も大人になり19で銀座デビューお金を貯め日本脱出、

23の終わりに女児(下の写真↓現:アフリカ屋営業部長)出産。

27でN.Y.の母子家庭生活に疲れ果て引っ越した

Harlemで出会った『アフリカの布』に遭遇一目惚れ、

元気とやる気と希望が一気に復活!

いつか日本に帰って【Pagneを紹介する!!】と、強く心に誓う。

折角GetしたGreen-cardも何のその

Miles Davis死去の号外を手に日本に戻って来た。

それから数年。。。日々の生活に追われ、アフリカンドリームもどこへやら?(汗)

しかし。。。その後、実家に戻った私達親子を待っていたのは、

近所に住んでいたアフリカ布とトレードビーズのコレクター。

趣味がアフリカンダンス&ドラムのアメリカ人女性。

彼女はN.Y.のマスターダンサーとドラマーを呼ぶ為、手伝いを探していた。

更に私達を待ち構えていたのは、バブルの波に乗って来た西アフリカの人々。。!?

  今まで働いてくれた4人のテーラーの内3人は町屋の元隣人であった。。。

これは偶然ではなく必然?彼らの協力の元

『アフリカ屋』は94’11月開店』したのであった。

そして、私達親子は96’いよいよSénégal → Mali→ Côte d’Ivoire → Burkina Fasoへ

当時の模様はこちらに→2008年 02月 02日まで【踊るアフリカ屋営業部長 日光】

そして2008年 10月 29日からは【Made in アフリカ屋】の方にBlogを書いています。